車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

ハリアーの自費での格安事故修理の詳細と写真 初年度H29年、型式ACU30W

トヨタのハリアー(初年度H23年、型式ACU30W、カラー070)の事故修理を修理しました。

事故車の中古部品を使った格安かつ高品質な板金修理の事例

修理前の写真

ハリアーの前方から左ドア周辺が大破しています。

車両保険に加入していないこともあり自費修理です。とにかく安くというご希望でしたので中古部品をできるだけ使用し、さらに工賃も格安にて対応させていただきました。

f:id:pikapikanara:20181215102258j:plain

f:id:pikapikanara:20181215102332j:plain

f:id:pikapikanara:20181215102355j:plain

中古部品を使用した主なパーツはフロントバンパー、左ヘッドランプ、ボンネットパネルと左フロントフェンダーパネルでこれだけで新品価格と比べて76,400円節約です。キレイに手直ししますので仕上がりは新品とほとんど変わりません。さらにカーディーラーさんなら交換する合計約31,000円の部品も再利用できるものはそのまま使います

そのほかの主な修理箇所はラジエーター周り修理、フロントフェンダーエプロン修理、左フロントドア板金塗装と、エンジンルーム内の配線、配管等の交換、左前のタイヤとショック周辺の修正とフロントメンバー、サイドメンバーおよびインナーパネルを含む骨格部の修正機を使用した修正および板金修理です。

ちなみに、前述の中古部品やそのほかのすべての部品代と材料費の合計が288,566円、塗装と板金作業の工賃合計が格安の128,100円で消費税を合せた修理費総合計金額は450,000円でした。

当店では中古部品をお探しすることを得意としております。ただ単に一般の修理工場が利用している全国ネットワークに問い合わせるだけでなく、物流段階が1レベル上の部品問屋さんが仕入れる有料ネットワークの2つのグループと、さらに長年の経験から選択した有力なリサイクルパーツ会社数社から探し出します。

もちろん、大切な骨格部分の修正作業は慎重かつ正確に行います。
当社は県下の数社のカーディーラー様の下請けも行っていますので品質には安心してお任せいただくことが出来ます。

また、直進性やブレーキの制動力などの安全性能等の確保については国土交通省指定の整備工場である当社の本社工場で確認作業を行います。

修理後の写真

f:id:pikapikanara:20181225095002j:plain

板金塗装の仕上がりは新品と同一は無理ですが、新品に近い状態にするのは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 修正の色は合っているか
2. ヘコみの修理はきれいになっているか
3. 修理箇所の表面の塗装肌がきれいに形成されているか
4. ドアやとなりのパネルとのチリ合わせができているか。
5. 安全性能は確保されているか。

チリ合わせとは複数の外装部品同士の段差とすき間の立て付けを調整することで、縦、横と奥行きの3次元で正確性と非常に高度な技術が求められます。

当店は板金塗装工賃を一般のカーコンビニ倶楽部とほぼ同様に安く設定しておりますが、修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装でカーディーラーさんと同じです。お客様のご希望によっては例外的に軽板金塗装をする場合もありますが売上の90%以上は本格板金です。

少子高齢化が進行している国内の車産業の中にあって板金塗装修理業はまだまだ生産性の高い分野で値下げ余地が十分だと判断、4年前に進出しディーラーさんと同等の修理内容を安く高品質で提供しております。実際、前述のようにカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このハリアーの事故修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約676,000円かかる修理でしたが、当社では416,666円で修理できました。納期は当社任せで工期を十分にいただくことで特別価格にて対応させていただきました。
カーディーラーより約259,000円(38%ダウン)安くハリアーの事故修理をしました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク