車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

クラウン アスリート(トランク・バックパネルほか)後部周りの修理料金比較と写真 初年度H24年、型式GRS200

トヨタのクラウン アスリート(初年度H24年、型式GRS200、カラー202)の事故修理を修理しました。リピートのお客様です。

クラウンの中破事故を中古部品と板金で安く修理した事例

修理前の写真

クラウン アスリートの後部周りが写真では分かりにくいですが、逆突により大きく損傷しています。車両保険不担保のため自費修理なので賢く安く修理する必要があります。

修理内容は①フロントバンパー左半分のキズ、左の前後ドアのキズ・ヘコミと左のリヤクォーターパネルのヘコミの板金塗装修理、②トランクパネル、リヤバンパーとその左右リヤランプとクォーターパネルに付属している左テールランプは5つとも中古部品利用で修理をし、③リヤバンパー内側のアッパーバックパネルという骨格部分は修正機を使って引き出しおよび修正を行います。

f:id:pikapikanara:20191014094815j:plain

ちなみに左のリヤドアと上記②の5点はカーディーラーさんなら新品交換ですのでかなり料金に差が出ます

中古部品といっても状態の良いものを選びますので、100%近くのケースで修理をしないほかの部分よりもキレイになります。判りやすく言うと例えば新車から7年経過したお車のキズ・ヘコミのある部分のみを新品の状態にすることが通常の修理です。

中古部品を手直しする場合はもちろんのこと、かなり状態の良いものが見つかった場合にはそのまま取り付けることも賢い選択肢の一つです。

当店では中古部品をお探しすることを得意としております。全国2800件のリサイクル事業者・部品商が参加する有料の国内No.1の全国ネット全国ネットワークに問い合わせるだけでなく、さらに長年の経験から選択した有力なリサイクルパーツ会社数社から探し出します。

修理後の写真

トランクパネルとリヤバンパーは中古部品をきれいに板金塗装してから取り付けました。新品部品で修理した場合と見た目は同一です。

ディーラーさんなら部品交換修理をするところのリヤドアはご予算の都合で板金塗装修理をすることになりましたが歪みもなくきれいに仕上がっています。

もちろん当社自慢の色合わせはバッチリです。

f:id:pikapikanara:20191014094846j:plain

当店では塗料と下地剤であるサーフェサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

板金塗装工賃を一般のカーコンビニ倶楽部とほぼ同様に安く設定しておりますが、修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装でカーディーラーさんと同じです。

少子高齢化が進行している国内の車産業の中にあって板金塗装修理業はまだまだ生産性の高い分野で値下げ余地が十分だと判断、4年前に進出しディーラーさんと同等の修理内容を安く高品質で提供しております。実際、県内の3社のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このクラウン アスリートの事故修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約580,000円かかる修理でしたが、当社では436,363円で修理できました。
カーディーラーより約140,000円(24%ダウン)安くクラウン アスリートの事故修理をしました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク