車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

ワゴンR(リヤドア・クォーター・バンパー)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H29年、型式MH35S

スズキのワゴンR(初年度H29年、型式MH35S、カラーZWW)のキズ・ヘコミを修理しました。

ワゴンRの板金修理を半額以下で行った詳細事例

修理前の写真

スズキのワゴンRの右のリヤドア、リヤクォーターパネルとリヤバンパーにキズとヘコミがあります。
ご相談の上、すべて板金塗装修理をすることになりました

画像では判りにくいですがリヤドアの丸印のところがへこんでいます。ディーラーさんでは板金は引き受けてくれないと思われます。クォーターパネルは希望すれば現物修理をしてくれるでしょう。

f:id:pikapikanara:20190413094833j:plain

塗装色はZWWのリフレクティブオレンジメタリックです。

ちなみに損傷程度にもよりますが、新品交換に比べて現物を板金塗装修理することで最も安くなるのは概してリヤフェンダーパネルです。交換には切り取りと貼付けが必要で半自動溶接機、エアソー、スポットカッターやスポットドリルを必要とする重作業の上に窓ガラスや内装などの付属品の脱着も必要になるからです。

次にリヤスライドドア、バックドア、そしてフロントドアと通常のリヤドアの順です。フロントフェンダーパネルはそれらにくらべるとメリットは小さくなります。

しかしながら板金修理を選択すればかならず安くなるというわけではありません。
損傷があまりにもひどいと板金作業に時間がかかって作業工賃が高くなりすぎるとメリットはなくなってしまいます。

つまり、一般的に技術力が高く作業の早い修理工場ほど困難な板金作業を引き受けることが出来る傾向があります。

また、ドアの新品交換は塗装をしていないパネルのみが送られてきます。元々のパネルに付属していた窓ガラスや内張りを含むすべての部品を一旦取り外して新たに下処理をしてから裏表を塗装をしたパネルに取り付けなければなりませんので、部品代に加えて作業工賃が高額になってしまうのです。

修理後の写真

色合せ、塗装肌、光沢、質感を忠実に再現できました。

f:id:pikapikanara:20190413094153j:plain

色合わせが正確なブロック塗装です。作業料が安い理由の1つです。

ブロック塗装はどこの修理業者でも出来るわけではありません。豊富な経験と熟練した調色および塗装技術があって初めて可能になります。

今回もゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

このワゴンRのキズ・ヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約187,000円かかる修理でしたが、当社では87,963円で修理できました。納期は弊社任せで代車ご不要の特別料金です。
カーディーラーより約99,000円(52%ダウン)安くワゴンRのキズ・ヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク