車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

ポルシェ カイエン(ドアアウターハンドル・リヤバンパー)塗装ハゲとキズの修理料金比較と写真

ポルシェのカイエンのキズを修理しました。

ポルシェのご入庫です。以前、購入したディーラーで車検を受けたところ60万円近くもかかり、今回の修理は当店にご用命いただきました。外車の修理依頼は順調に増え続けています。

ポルシェのキズを高品質かつ半額以下で修理した事例

修理前の写真

ポルシェ カイエンの左のリヤドアのドアアウターハンドルに塗装剝げと良い写真が撮れなかったのですがリヤバンパー全体に無数の擦りキズがあります。

ポルシェディーラーではともに交換修理になります。

前述の通り、以前車検を受けたところ、とても高かったので今回の修理は見積りにも行っていないとのことです。

お客様とのお話し合いの結果、両方ともに現物を修理することになりました。

f:id:pikapikanara:20190924091311j:plain

f:id:pikapikanara:20190924091319j:plain

ドアハンドルはこのカイエンの場合は取外すと作業に時間がかかり割高な作業になってしまいます。マスキングテープで慎重に養生すればきれいに仕上げることができます。

リヤバンパーは端から端まで無数のキズが付いています。

軽板金や簡易板金塗装を行っている修理工場では修理工程を省き作業時間を短縮するためにいわゆる「削り込み」をしてパテを入れずに塗装工程に入りますが、そうすると見た目では分かりにくいのですが微妙に歪みが残ります。

当社ではこのカイエンの場合は「ポリパテ」を薄くていねいに入れ、周囲と高さを合わすためにペーパーを使って「パテ研ぎ」を行います。

修理後の写真

板金塗装で100%新品状態に戻すことは不可能ですが、新品に近い状態、あるいはほとんど修理してあることが眼で見てわからないレベルにすることは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 塗装部分の色は合っているか
2. ヘコみの修理はきれいに整形されているか
3. チリ合わせといいますが、ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか。

チリ合わせとは複数の外装部品同士の段差とすき間の立て付けを調整することで、縦、横と奥行きの3次元で正確性と非常に高度な技術が求められます。

色合せ、塗装肌、光沢、質感を忠実に再現できています。

f:id:pikapikanara:20190924091352j:plain

当社が安くて高品質であることについては下記をお読み下さい。

1. イタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配がないこと。当店並みの価格帯で本格塗装ブース完備のお店は知る限り県内にはありません。

2. 塗料、サーフェサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このポルシェ カイエンの塗装ハゲ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると最低でも230,000円はかかる修理でしたが、当社では75,000円で修理できました。
カーディーラーより約155,000円(67%ダウン)安くポルシェ カイエンの塗装剝げ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク