車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

デミオ(フロントバンパー)・ヘコミ変形の修理料金比較と写真 初年度H30年、型式DJ3F3

マツダのデミオ(初年度H30年、型式DJ3F3、カラーA4D)のヘコミ・変形を修理しました。

修理前の写真

デミオのフロントバンパーの左コーナー周辺を突き上げたために大きく変形し、サイドも折れ曲がっています。また、タイヤハウス内のマッドガードの取り付け部がちぎれています。

普通なら交換修理をするところですがお客様のご希望でなるべく安く修理をする方針になりました。ディーラーさんでは衝撃緩衝材であるレーンフォースメントという13,070円する部品も交換になります。(最下段の料金比較には含んでいません。)

バンパーは元に戻すことは出来ませんが約80%の整形でご了解をしていただき、本来交換するマッドガード、取付けマイナー部品のナット、スクリューやリテーナーは再利用することになりました。

f:id:pikapikanara:20190605092754j:plain

f:id:pikapikanara:20190605092801j:plain
これくらいのヘコミ・変形がある場合で、板金修理を引き受けてくれるところはカーディーラーはもちろん一般の修理工場でもめったにありません。工場の回転率が落ち、採算が悪いためです。

バンパーはていねいにヒートガンなどを使ってなるべく元の形に戻していきます。ある程度整形が終わると、次にパテ付けをし、パテ研ぎそして塗装工程です。

修理後の写真

バンパーのヘコミはほぼ完璧に修理できますが、変形復元には限界があるためにフェンダーパネルとのチリ合わせが少しだけずれてしまいます。もちろん説明済みです。
お客様は予想を上回る出来栄えに喜んで下さいました。

f:id:pikapikanara:20190605093822j:plain

この方向から見る限りではヘコミはほぼ完璧に修理できています。

f:id:pikapikanara:20190605093934j:plain

フェンダーパネルとのチリがすこしだけですが、合っていません。

本来なら部品交換修理をするところですが、ご予算の都合で板金塗装修理をすることになりました。若干のゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

当店ではイタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このデミオのヘコミ・変形修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約50,210円かかる修理でしたが、当社では37,037円で修理できました。
カーディーラーより約13,630円(26%ダウン)安くデミオのヘコミ・変形を修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク