車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

レクサスLS460(リヤバンパー)折れ・キズの修理料金比較と写真 初年度H20年、型式USF40

レクサスLS460(初年度H20年、型式USF40、カラー1G5)の折れ・キズを修理しました。

12万円以上するレクサスのバンパーを半額以下で高品質で修理した事例

修理前の写真

レクサスLS460のリヤバンパーのタイヤヨコの右端部分にガリキズがあり外側に折れてます

カーディーラーさんなら確実に交換修理です。今回の修理ではお客様のご希望で、交換をせずに板金修理をします。時間がかかりますので一般の工場ではなかなか引き受けてもらえないと思います。

このお客様はたまたま先月にリヤバンパーをレクサス店で交換修理されたらしくその時の修理代は部品代がマイナーパーツを含めて約15万円と交換工賃がレーダーソナーの調整も含めて約3万円で合計18満円以上かかったそうです

レクサス460のリヤバンパーは部品代だけで約15万円と非常に高価です。折れていますが時間をかけて現物を修理します。

今回、インターネットで当店のホームページとこのブログをご覧になり来店されました。決め手は県下カーディーラーの下請けを行っていることと専用塗装ブースが完備されていることとのことです。

イタリアSAICOの高級塗装ブースを完備、空気中の湿度および温度を最適に調整します。もちろんホコリや空気中の異物は取り除かれておりベストの塗装環境です。

当店はイタリア製ナンバー1の塗装ブースメーカーであるSAICO製ブースを完備しています。空調は完璧で空気中の異物や水分もクリーンに保たれているためそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

塗料と下地剤であるサーフェサーは国内最高級の材料を採用、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーは外車やレクサスなどの高級車に採用されている耐スリキズ・耐紫外線性能がトップクラスのものを標準で使用していますので安心かつお得です。

修理後の写真

色合せ、塗装肌、光沢、質感を忠実に再現出来ました。

本来なら部品交換修理をするところを板金修理した場合は若干のゆがみが残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

レクサス460のリヤバンパーは部品代だけで約15万円と非常に高価です。折れていますが時間をかけて現物を修理することで安く仕上げます。。

塗装色はカラー番号が1G5のフロスティーパールマイカという3コートパールでした。よくあることですが、もともとのバンパーの色はメーカー塗装品であるにもかかわらずほかのボディーと微妙に色が違っていて調色に苦労をしましたが上手に合わせ切ることができています。
材質の違いから特にバンパーは他のボディー部分と微妙に色が違っていることが当たり前で、調色が簡単ではありません。キレイな仕上がりには確かな技術が必要です。この塗装は下地処理後にまず着色顔料(カラーベース)、次にパール顔料(マイカベース)そしてクリアーという3層からなっています。パール顔料は1種類ではなく形や色の違うたくさんの種類の中から実際の車を見ながら最適なものを選びます。下手をするとカラーベースの色とともにマイカベースの膜厚によってもかなり違った感じに仕上がりますので注意が必要です。

このレクサスLS460の折れ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約170,000円かかる修理でしたが、当社では40,000円で修理できました。
カーディーラーより約130,000円(76%ダウン)安くレクサスLS460の折れ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク