車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

タント(バンパー)割れ・線キズの修理料金比較と写真 初年度H23年、型式L375S

ダイハツのタント(初年度H23年、型式L375S)の割れ・キズを修理しました。

修理前の写真

タントのフロントバンパーの右コーナーが割れていて、写真にはありませんが右コーナーの底部分周辺に10cmくらいの線キズが2本あります。

通常なら交換修理ですが、強いご要望があり現物を修理をすることになりました。

f:id:pikapikanara:20200215090543j:plain

修理方法は、接着剤を使ってくっつけます。PP素材用のボンドもありますが、経験上パネル専用の硬い2液性のボンドを使用します。もちろんパテ作業は必要です。

曲がる圧力が常時かかっているコーナー付近が割れていますので、修理後も車の走行中の振動によ少し接着面が開いてしまう可能性があることをご了解の上、修理をしました。

パネルの平面部分の割れ修理ですとそのような心配はほとんどありませんが、念のため修理後のノンクレームをご了承いただきます。

ただし、このタントの場合ですと新品交換修理をすると部品代だけでもバンパーが52,600円とクリップとサイドサポートのマイナーパーツ9点の合計で2,210円しますので、板金修理するメリットは結構大きくなります。

修理後の写真

色合せ、塗装肌、光沢はきれいに仕上がりました。

画像ではわかりにくいですが、割れがほんの少しごくわずかですが、近くで目を凝らしてみると何となくわかる程度に残っています。これ以上割れが広がる可能性はほぼないと思いますが、年の為、ノンクレーム修理です。

バンパー下部の線キズはきれいに直っています。

f:id:pikapikanara:20200215094616j:plain

このタントの割れ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで新品交換修理すると約58,810円かかる修理でしたが、当社では38,636円で現物修理をしました。
カーディーラーより約20,000円(34%ダウン)安くタントの割れ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク