車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

オデッセイ(バックドア)ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H28年、型式RC4

ホンダのオデッセイ(初年度H28年、型式RC4、カラーNH788P)のヘコミを修理しました。

バックドア中央の大きなヘコミを部品交換なしで安く鈑金修理した事例

修理前の写真

オデッセイのバックドア中央にヘコミ・変形があります。

ヘコミが上下のプレスラインにかかっていることやパネル中央にあることなどから、カーディーラーさんでは間違いなく新品交換修理で安くても109,000円はかかります

お客様のご要望で時間はかかっても構わないので現物を鈑金修理することになりました。 

バックドア下のリヤバンパーまでヘコミが及んでいますが、ご予算の都合で今回は筆塗りのみです。

f:id:pikapikanara:20200717092024j:plain

新品交換するとなると、バックドアに付属している部品はすべて取り外しておいて、新品の未塗装パネルの裏表に塗装をしてから取り付けることになります。

窓ガラス、内張り、ドアハンドル、ワイパーのほかにもナンバープレートと封印の脱着も必要で新品パネル代に部品の脱着と塗装料金を加えると最大13万円程度請求されることも想定されます

修理後の写真

仕上がりはお客様が想像されていたよりもかなりキレイだったとのことで、とても喜んでいただくことができました。調色と色合わせもばっちりです。

ボディーカラーは色番号がNH788Pのホワイトオーキッドパールという3コート塗装で調色や塗装技術により色むらやパール片の光り方が変わってしまうものですがまったく問題ありません。

当店では国産車カーディーラーさんの下請けも数社行っており仕上がりは心配ご無用です。よほどのご希望がない限り、一般のカーコン工法や軽鈑金工法は行っていません。ディーラーさんと全く同一の従来工法を安価で採用しております。

f:id:pikapikanara:20200717091936j:plain

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このオデッセイのヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約110,000円かかる修理でしたが、当社では60,000円で修理できました。
カーディーラーより約50,000円(45%ダウン)も安くオデッセイのヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

最新版テンプレート(ドア・ステップ)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H年、型式

トヨタのマークX(初年度H29年、型式GRX130、カラー3Q3)のキズを修理しました。

マークXの調色困難な色番3Q3をキレイ修理した事例

修理前の写真

マークXのフロントバンパー左コーナー下部にガリキズあります。

もちろん板金塗装修理をします。

最近ちらし等で目にするワンタッチいくら、という簡易鈑金または軽鈑金と比べても金額的に遜色ありません。調色の困難な塗装色ですので特に品質に大きく差が出ます

また上記の軽鈑金工法は少しでもヘコミや変形があればパテ付けが必要になり金額は2倍になりますし、ほとんど損傷範囲が手のひだサイズを上回りますので、大きさで2倍、ヘコミで2倍の合計4倍になるケースが珍しくありません。

f:id:pikapikanara:20200711112010j:plain

色番号は3Q3でダークレッドマイカメタリックという色合わせが難しいタイプです。
赤色系はそもそも隠蔽性が低いために、テストピースといって数種類の調色した塗料を手のひらサイズのシートの試し塗りをして、実車と色を合わせていくときに完全に乾燥するまでは微妙に色が変化していきま。

作業時間を短縮しようとして、テストピースが完全に乾燥する前にピースを選んでしまうと色が明らかに違ってきてしまします。

3コートパールやマツダの特殊色だけでなく、赤色全般など、上記のように調色が標準化さた調色作業だけで完結できるものは意外と少ないのが実情で、それだけ塗装技術により明らかに差が出てしまいます。

修理後の写真

結果は、お客様に大変喜んでいただくことができるレベルの仕上がりになりました。

お車をご購入時にガラスコーティング施工済みでしたので、バンパーのみにガラスコーティングの部分施工を「修理と同時施工の特別料金」でさせていただきました。

f:id:pikapikanara:20200711112547j:plain

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

鈑金塗装で新品状態に完全に戻すことは無理ですが、新品に近い状態にすることは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 塗装部分の色は合っているか
2. ヘコみや変形部分の修理はきれいに整形されているか
3. ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか。

もちろん今回のように本来なら部品交換修理をするところを鈑金修理した場合には上記2について限界があります。ご提案のときに十分説明をさせていいただいていますが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

このマークXのキズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約42,000円かかる修理でしたが、当社では22,620円で修理できました。
カーディーラーより約19,000円(46%ダウン)も安くマークXのキズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

プジョー208(ドア・フェンダーパネル)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H28年、型式A9HN01

プジョー208(初年度H28年、型式A9HN01)のキズ・ヘコミを修理しました。

今年は前年にもまして、外車の修理依頼が増えています。

プジョー208をカーディーラーの約半額で鈑金塗装した事例

修理前の写真

プジョー208の右のリヤドアとリヤフェンダーパネルにキズ・ヘコミがあります。

パネルの中段から一番下の部分にわたって3本のキズとヘコミがあります。

すべて現物修理で直します。カラーはメタリックで色合わせにはまったく問題ありません。

f:id:pikapikanara:20200702091215j:plain

カーディーラーさんではリヤフェンダーパネルは交換修理になるかもしてません、リヤフェンダーの新品交換修理は最も高額になってしまう部分の修理です。付属する窓ガラス、内張りはもちろんガス溶接などの専用機具を使ってパネルを切取り、そして新品パネルを必要な大きさに切り取ったうえで溶接で取り付ける作業が必要になるからです。

修理後の写真

調色もヘコミもきれいに仕上がりました。

修理前の写真よりオレンジっぽく見えますが光の影響です。

f:id:pikapikanara:20200702091257j:plain

修理後の写真

お客様は仕上がりにとても喜んでいただきました。

フェンダーパネルはお客様のご希望で板金塗装修理をしました。ゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほぼ気にならない程度に仕上がりました。

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

また塗料と下地剤であるサーフェイサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

このプジョー208のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理するとすべてなんとか現物修理をしてもらっても最低125,000円はかかる修理でしたが、当社では68,182円で修理できました。

代車ご不要で納期は当社任せの特別価格で対応させていただきました。
カーディーラーより最低56,800(45%ダウン)も安くプジョー208のヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

マツダ3(フロントバンパー)ヘコミ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度R1年、型式BPFP

マツダのマツダ3(初年度R1年、型式BPFP、カラー46V)のヘコミ・キズを修理しました。

修理前の写真

マツダ3のフロントバンパーの写真順に右コーナー下と左コーナー最下部にヘコミ・キズがあります。

以前カーディーラーさんで修理したときに塗装済みの新品バンパーに交換したところ、かなり色が違っていたためクレームで塗り直しをしてもらったご経験があり、今回当店では時間はかかっても構わないので現物を修理してほしいというご希望で来店されました。バンパー1本丸々の鈑金塗装になります。

このマツダ3の塗装色はカラーナンバーが46Vの「ソウルレッドクリスタルメタリック」という極めて特殊で調色の難易度が高いとされるカラーです。塗装が高価なために割高な修理になります。

マツダには他にもソウルレッドプレミアムメタリックという塗装番号41Vの色もあり、ディーラーさんでは一般の修理工場では修理不可と説明されることが多いそうです。

f:id:pikapikanara:20200623094353j:plain

f:id:pikapikanara:20200623094410j:plain

当店では同色の車をすでに何台も板金塗装修理した実績があることや県下の複数社のカーディーラーさんの下請けを行っていることなどを説明し安心していただきました。

修理後の写真

このソウルレッドクリスタルメタリック は特殊な3コートパール塗装と解釈することが出来、実際の経験と知識が必要な難易度の高いカラーです。

フラッシュオフというテクニックやクリヤーベースの塗装間隔を早過ぎないようにすることなど細心の注意を払いながら作業を行います。

f:id:pikapikanara:20200623095836j:plain

f:id:pikapikanara:20200623095842j:plain

調色もキレイに合っており、ご納車時にお客様は大変喜んでいただくことが出来ました。

また、等は若干のゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

このマツダ3のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーでバンパーを修理すると約73,000円かかる修理でしたが、当社では50,000円で修理できました。
カーディーラーより約23,000円(31%ダウン)安くマツダ3のキズ・へこみを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

デミオ(リヤフェンダー・コーナーパネル)ヘコミ・割れの修理料金比較と写真 初年度H19年、型式DY3W

マツダのデミオ(初年度H19年、型式DY3W、カラー22R)のキズ・ヘコミを修理しました。

デミオのフェンダーパネルを交換しないで安く鈑金修理した事例

修理前の写真

デミオの右リヤフェンダーパネルが大きくへこみ、写真の左端の同色のコーナーパネル(リヤエンドエクステンション)が割れてしまっています。

ディーラーさんなら両方ともに新品交換修理になるところですが、当店ではご希望でフェンダーパネルは現物を鈑金塗装修理します。

コーナーパネルは新品交換です。部品代は取付の部品と合計で8,385円です。

f:id:pikapikanara:20200617094742j:plain

ちなみにキズ・ヘコミの程度にもよりますが、新品交換に比べて現物を鈑金塗装修理することで最も安くなることが多いのはリヤフェンダーパネルです。交換には切取りと貼付けが必要で溶接機、エアソー、スポットカッターやスポットドリルを必要とする重作業の上に羽目殺しの三角窓ガラスや内張などの付属品の脱着も必要になるからです。

そのほかに現物修理をするこで安くなる理由としてブロック塗装があります。

カーディーラーさんではこのデミオの場合はリヤフェンダーパネルの一つ前のリヤドアをボカシ塗装します修理していないリヤドアの塗装を徐々にシンナーでぼかしていくことで色にグラデーションをかけて修理箇所の新たに塗装した色になじませながら合わせていく塗装方法で、広く使用されている塗装工法ですが、その分の費用が高くなります。

当店では修理パネルだけをブロック塗装します。塗料の調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍から3倍かかる上に、高い調色と塗装技術が必要になりますが、料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。

修理後の写真

フェンダーパネルは本来なら部品交換修理をするところですが、お客様のご希望で板金塗装修理をしました。ゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、プロの目で見ても歪みが見えない程度に仕上がりました。色合わせもバッチリです。

f:id:pikapikanara:20200617094813j:plain

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このデミオのヘコミ・割れ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約120,115円かかる修理でしたが、当社では63,636円で修理できました。
カーディーラーより約56,400(47%ダウン)も安くのヘコミ・割れを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

ムーヴ(リヤバンパー)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H30年、型式LA150S

ダイハツのムーヴ(初年度H30年、型式LA150S、カラーR59)の大きなヘコミ・キズを修理しました。

ムーヴのバンパーを交換しないで調色重視できれいに鈑金修理した事例

修理前の写真

ムーヴのリヤバンパーの左カドに大きなヘコミと広い範囲にキズが付いています。

本来なら交換修理ですが、お客様が以前にダイハツで塗装済みバンパーに交換したところ、同色の新品部品であったにもかかわらず素人目に見ても色がかなり違っていたらしく、今回は料金が割高になってもいいので現物修理を依頼されました

f:id:pikapikanara:20200605092152j:plain

よくあるケースでは、トヨタ車の修理でメーカーから仕入れた塗装済みのバンパー、もちろんカラー番号が同一のものですが、となりのフェンダーパネルやドアとパッと見て色がかなり違って見えることがしょっちゅうあります。

時間はかかりますが、ていねいに引き出し作業をしてからなるべくパテ量を少なく整形していきます。

リヤバンパーは部品代が外装部品の中でも最も安い部類なのでこれくらい大きな損傷を時間と手間をかけて現物修理するメリットはあまり大きくありません。

今回の場合は前述のように色合わせが最大の理由です。

修理後の写真

調色はほぼ完ぺきでヘコミもきれいに仕上がりました。

カラー番号はR59のプラムブラウンクリスタルマイカというメタリックです。色合わせになんの問題もありません。

仕上がりはお客様のご想像を上回っていたようで、ご満足していただくことができました。

f:id:pikapikanara:20200605095442j:plain

カラー番号はR59のプラムブラウンクリスタルマイカです。

当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去されますので、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェイサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

このムーヴのヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約41,000円かかる修理でしたが、当社では色合わせに心配がない上に30,000円で修理できました。
カーディーラーより約11,000(26%ダウン)安くムーヴのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スイフト ハイブリッド(バックドア・リアバンパー・バックパネル)ヘコミの修理料金比較と写真 初年度R1、型式ZC53S

スズキのスイフト ハイブリッド(初年度R1年、型式ZC53S、カラーZWC)のヘコミを修理しました。

スイフトのバックパネル他を交換しないで安く鈑金修理した事例

修理前の写真

スイフト ハイブリッドが後ろから強く押されて、バックドア、リヤバンパーとリヤバンパーからトランクルームにつながる内側の骨格部分であるバックパネルに大きな変形やヘコミがあります。

カーディーラーさんではすべて交換で30万円以上かかるといわれたそうです。

バックパネルは見えない部分で、交換には溶接機での切り取りと貼り付けが必要になり作業が高額になるためにゆがみご了解の上、現物を修理することで安くご提案しました。

バックドアとリヤバンパーは新品交換です。

f:id:pikapikanara:20200601182359j:plain

下の写真はリヤバンパーを外したところで印をした部分が大きくへこんでいます。

見えない部分なのでゆがみが残ることをご了解の上引き出して修正しますが、完璧には元の状態に戻すことはできません。

f:id:pikapikanara:20200601182412j:plain

後ろから押されたために、左のリヤレンズが浮いてしまっています。青色のフェンダーパネルとの間にすき間があるのがわかります。

f:id:pikapikanara:20200601182422j:plain

交換部品はランプハイマウント、エンブレムとマイナーパーツの合計で9,310円のみです。再使用できる部品は可能な限り使うことでも料金がかなり違ってきます。

バックドアのウインドーガラスは脱着で再利用します。

修理後の写真

調色もキレイに仕上がりました。

f:id:pikapikanara:20200601182756j:plain

バックパネルは少し歪みが残っていますが、ご了解済みでもちろん安全面と機能的にはまったく問題ありません。

f:id:pikapikanara:20200601182803j:plain

バックパネルとリヤバンパーの取付けは正確にされていますので、「チリ合わせ」はきれいに収まっています。

チリ合わせとは複数の外装部品同士の段差とすき間の立て付けを3次元で調整することで、縦、横と奥行きについて正確性と非常に高度な技術が求められます。

f:id:pikapikanara:20200601182810j:plain

当店は板金塗装工賃を一般のカーコンビニ倶楽部とほぼ同様に安く設定しておりますが、修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装でカーディーラーさんと同じです。お客様のご希望によっては例外的に軽板金塗装をする場合もありますが売上の90%以上は本格板金です。

このスイフトのヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると最低でも300,000円かかる修理でしたが、当社では178,670円で修理できました。別料金で修理箇所のガラスコーティングG'zoxの再施工をしました、別料金です。


カーディーラーより最低121,000円(40%ダウン)も安くスイフト ハイブリッドのヘコミ修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク