車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

Audi A4 B8系(フェンダー・クォーター・バンパー)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H27年、型式8KCDN

Audi A4(初年度H27年、型式8KCDN、カラー黒メタリック)のキズ・ヘコミを修理しました。修理依頼に占める外車比率がどんどん上がっています。気が付けば今年のブログの約半数が外車になっています。

アウディの鈑金修理でカーディーラーに行く必要なかった、と言って頂くことができました。

修理前の写真

Audi A4の右フロントフェンダー、左のリヤクォーターとリヤバンパーにキズ・ヘコミがあります。

フロントフェンダーのヘコミはやや大きいですが、すべて鈑金修理で直します

カーディラーさんでもこれくらいなら同様の修理方法の可能性がありますが、なぜかバンパーに関しては前後共に少しの損傷でもほとんどが交換修理なる傾向があります

当店の見積に対して「思っていたより安い。」と即決していただきました。

f:id:pikapikanara:20200327093317j:plainf:id:pikapikanara:20200327093238j:plain

f:id:pikapikanara:20200327093325j:plain

このアウディの場合、当店ではすべて隣接パネルはぼかさないブロック塗装です。メタリック系の塗装ですが色合わせはまったく問題なくきれいに仕上がります。

ディーラーさんでは左のリヤドアは修理が必要なリヤクォーターパネルの損傷部分からボカシ塗装をします。その分、塗装工賃は高くなります。右フロントフェンダーは損傷部が隣のフロントドアに近くないのでボカシは必要無いでしょう。

ディーラーさんで行うリヤドアのボカシ塗装とは、修理していないリヤドアの後方にかかて塗装を徐々にシンナーでぼかしていくことで色にグラデーションをかけて徐々に修理箇所の新たに塗装した色になじませながら合わせていく技術で、広く使用されている塗装工法ですが、その分の費用が高くなります。

当店では修理パネルだけをブロック塗装します。塗料の調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍から3倍かかる上に、高い調色と塗装技術が必要になりますが、料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。

修理後の写真

仕上がりはお客様のご想像を大きく上回っていたようで、とても喜んで下さり、「こんなにキレイになるなんて。カーディーラーに持っていく必要がなかった。」と仰って頂くことができました。

修理した3パネルにG'zoxというカーディーラーで広く採用されているガラスコーティングを部分施工させていただきました。別費用です。

f:id:pikapikanara:20200327093559j:plain

f:id:pikapikanara:20200327093624j:plain

f:id:pikapikanara:20200327093645j:plain

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

鈑金塗装で新品状態に完全に戻すことは無理ですが、新品に近い状態にすることは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 塗装部分の色は合っているか
2. ヘコみや変形部分の修理はきれいに整形されているか
3. ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか。

このAudi A4のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理するとすべて鈑金塗装をするとしても約230,000円かかる修理でしたが、当社では141,500円で修理できました。
カーディーラーより約88,500(38%ダウン)も安くヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

BMW 218d Gran Tourer Luxury(ドア・リヤフェンダー・サイドシル・バンパー)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H28年、型式2E20

BMW 2シリーズ(初年度H28年、型式2E20)のキズ・ヘコミを修理しました。

BMWの鈑金塗装修理を交換部品を少なくして高品質で安く修理した事例

修理前の写真

BMW218d Gran Tourer Luxuryの左のドアからフェンダー、サイドシルとリヤバンパーまでにキズ・ヘコミ・変形があります。

特にリヤドアとリヤフェンダーは写真で判るようにかなり大きく変形しています。
カーディーラーさんなら少なくともドアとフェンダーの2点は新品交換修理になりますが、当店ではご相談の結果、ドアは交換修理ですが、そのほかはすべて鈑金修理をすることになりました。

塗装色はソリッドカラーです。ディーラーさんではボカシ塗装されますが、当店では修理箇所のみのブロック塗装ですf:id:pikapikanara:20200324092135j:plain

f:id:pikapikanara:20200324092142j:plain

このBMWのリヤフェンダーパネルくらいの変形がある場合で、新品交換せずに現物修理を快く引き受けてくれるところはあまりありません。

一般的に新品交換修理の6割の料金で鈑金塗装修理ができるかどうかが判断の境目になります。技術力が高くても作業スピードが早くないと時間ばかりかかってしまい、採算割れになってしまうからです。

ちなみに損傷程度にもよりますが、新品交換に比べて現物を板金塗装修理することで最も安くなるのは概してリヤフェンダーパネルです。交換には切り取りと貼付けが必要で半自動溶接機、エアソー、スポットカッターやスポットドリルを必要とする重作業の上に窓ガラスや内装などの付属品の脱着も必要になるからです。

室内のリヤシート、内張りやリヤバンパーなどの部品も脱着作業が必要でどうしても高額な修理になってしまいます。当店では時間はかかりますができる限り板金修理をおすすめします。時間と高い技術をかけて板金塗装修理を行いますので、かなりお安く修理できます。

また、前述のディーラーさん等で行うリヤドアのボカシ塗装とは、修理していないフロントドアの後方から塗装を徐々にシンナーでぼかしていくことで色にグラデーションをかけて徐々に修理箇所の新たに塗装した色になじませながら合わせていく技術で、広く使用されている塗装工法ですが、その分の費用が高くなります。

当店では修理パネルだけをブロック塗装します。塗料の調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍から3倍かかる上に、高い調色と塗装技術が必要になりますが、料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。

修理後の写真

調色も変形の修理もきれいに仕上がっています。

フェンダーパネルの一番下の部分がサイドシルガーニッシュと少しずれているように見えますが、元々の状態です。日本車ではほとんどありえませんが、外車では当たり前のようにお目にかかります。

f:id:pikapikanara:20200324092216j:plain

f:id:pikapikanara:20200324092222j:plain

修理後の写真

仕上がりはお客様のご想像を大きく上回っていたようで、とても喜んで下さりました。

フェンダーパネルは本来なら部品交換修理をするところですが、お客様のご希望で板金塗装修理をしました。ゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法はほとんどが本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供しています。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このBMW 2シリーズのヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると最低でも530,000円かかる修理でしたが、当社では344,272円で修理できました。
カーディーラーより少なくとも185,000円(35%ダウン)安くBMW 2シリーズのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

ハリアーハイブリッド(ドア・ステップ)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H30年、型式AVU65

トヨタのハリアーハイブリッド(初年度H30年、型式AVU65、カラー1F7)のキズ・ヘコミを修理しました。

ハリアーのキズ・ヘコミをボカシ塗装なしで、安く鈑金修理した事例

修理前の写真

ハリアーHVの右のリヤクォーターパネルとリヤバンパーにキズとヘコミあります。

カーディーラーさんでも両パネルを鈑金塗装修理されますが、ディーラーさんではほぼ間違いなく修理していないリヤドアをボカシ塗装することで修理箇所の色を合わせる手法を採用します。当店では塗装範囲は修理パネルのみのブロック塗装で、しかも色をバッチリ合わせます。

ボカシ塗装分をしない分が安くなります。もちろん全体の塗装と鈑金を含む作業工賃は元からお安く設定してあります。

f:id:pikapikanara:20200309025213j:plain

塗装色はカラーナンバーが1F7のシルバーメタリックです。

ディーラーさんで行うリヤドアのボカシ塗装とは、修理していないリヤドアの後方から塗装を徐々にシンナーでぼかしていくことで色にグラデーションをかけて修理箇所の新たに塗装した色になじませながら合わせていく技術で、広く使用されている塗装工法ですが、その分の費用が高くなります。

当店では修理パネルだけをブロック塗装します。塗料の調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍から3倍かかる上に、高い調色と塗装技術が必要になりますが、料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。

修理後の写真

キズ・ヘコミはもちろん、ブロック塗装ですが調色もきれいに仕上がりました。

f:id:pikapikanara:20200312220949j:plain

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このハリアーハイブリッドのキズ・ヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約93,000円かかる修理でしたが、当社では72,728円で修理できました。
カーディーラーより約20,200(22%ダウン)安くハリアーハイブリッドのキズ・ヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

プリウス(フェンダー・前後ドア・リヤクォーター)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H22年、型式ZVW30

プリウス30系(初年度H22年、型式ZVW30)のヘコミ・キズを修理しました。

プリウスのヘコミを高品質で安く修理することができた詳しい事例

修理前の写真

プリウスの右側面すべて(フロントフェンダー、前後ドアと写真には写っていませんがリヤクォーターパネル)にヘコミとキズがあります。前方に行くほどヘコミが深くなっています。

ほかの2件の修理工場の見積もりでは共にリヤドアは写真では判りずらいですがヘコミが半分以上まで及んでいることもあって交換修理になり総額で約31万円だったそうです。フロントフェンダーとフロントドアはもちろん交換修理、リヤクォーターは現物修理です。

当店ではご希望をお伺いしたうえで、リヤドアとリヤフェンダーは現物を修理し、フロントフェンダーとフロントドアは新品交換することにしました。

フロントドア交換に伴う部品交換点数はなるべく少なくしさらに料金を安くできるようにしました。塗装や作業工賃の価格設定はもともとお安く設定しています。

f:id:pikapikanara:20200222050818j:plain
リヤドアをほとんどの修理工場が交換修理を提案する理由は、ヘコミの面積が大きいことと損傷がパネル中央にあるからです。

鈑金作業の引っ張りや叩き出し作業でひずみ・ゆがみが周辺にどんどん広がってしまうからです。電圧をかけて行う「絞り」というそれを解消する工程もありますが、技術者によってかなり仕上がりが違ってくるために自信をもって現物修理を提案できる工場はどうしても少なくなります

ちなみに現行のプリウスの場合はパネルの質が変わっていることと、内側にあるビームという補強材の取付場所の違いでさらに絞り作業が難しくなっています。

修理後の写真

リヤドアはプロが見ても歪みがほとんどない仕上がりです。

f:id:pikapikanara:20200226234844j:plain

修理前の写真と少し色が違って見えますが光の具合です。

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このプリウスのヘコミ・キズ修理料金(税別)について

ディーラーでなく他鈑金工場の見積でも約310,000円かかる修理でしたが、当社では222,545円で修理できました。
他店より約87,000円(28%ダウン)安くプリウスのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

フィット ハイブリッド(前後ドア)大きなヘコミの修理料金比較と写真 初年度H22年、型式GP1

ホンダのフィット ハイブリッド(初年度H22年、型式GP1、カラーNH700M)のヘコミを修理しました。

フィットの大きなヘコミを交換なしで安く鈑金修理した事例

修理前の写真

フィットの左の前後ドアに二つ以上のプラスラインにかかる大きなヘコミ・変形があります。

f:id:pikapikanara:20200226234801j:plain

当初は交換修理をおススメしました。ヘコミの面積がこれほど大きく、その上とても硬いプレスラインに及んでいるためです。

高張力鋼板が使用されている最近のほとんどの車の場合、板金作業の過程で水面の波紋のようにひずみ・ゆがみが広がりやすいからです。「絞り」というそれを解消する工程もあるのですがそれにも限界があり、微妙にゆがみが残ってしまいます。

ご希望で時間はかかってしまいますが、鈑金修理をすることになりました。ある程度の歪みが残ることを説明させていただきご了解のも修理を受けさせていただきました。

修理後の写真

仕上がりはお客様のご想像を大きく上回っていたようで、少しひずみが残っていますがとても喜んでいただくことができました。

代車ご不要で納期は当社任せの特別価格対応です。

f:id:pikapikanara:20200303222519j:plain

当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去されますので、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェイサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

このフィットヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで新品交換修理をすると最低でも205,000円かかる修理でしたが、当社では85,000円で修理できました。
単純に比較はできませんが、カーディーラーより約120,000円(57%ダウン)安くフィットのヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

アウディA7 Sportsback 2.0(リヤクォーターパネル)ヘコミ・キズの修理料金比較と写真 初年度H28年、型式4GCYPC

アウディ A7 Sportsback 2.0(初年度H28年、型式4GCYPC)のヘコミを修理しました。

オープンして丸5年が経ち外車・高級車の入庫が増えました。入庫していない日がほとんど無いほどです。

アウディのクォーターパネルを交換しないで安く鈑金修理した事例

修理前の写真

アウディ A7 Sportsback 2.0の左のリヤクォーターパネルの広い範囲に大きなヘコミ・変形があります

カーディーラーさんで相談したところ「交換でかなり高くなりますよ」といわれ、見積りも聞かずに当店を訪れられました。

ご希望で時間はかかってしまいますが、鈑金修理をすることになりました。塗装色は3コートパールで調色に技術の差が出ます。

また、追加で修理部分のガラスコーティング施工をご注文いただきました。鈑金修理との同時施工時は特別価格で承っていますので、ついでにご注文されるお客様がかなりいらっしゃいます。

f:id:pikapikanara:20200124041130j:plain

このアウディくらいの程度のヘコミがある場合で、鈑金修理を快く引き受けてくれるところはあまりありません。

一般的に新品交換修理の6割の料金で鈑金塗装修理ができるかどうかが判断の境目になります。つまり技術力が高く作業の早い修理工場ほど困難な板金作業を引き受けることが出来るということです

ちなみにキズ・ヘコミの程度にもよりますが、新品交換に比べて現物を鈑金塗装修理することで最も安くなることが多いのはリヤフェンダーパネルです。交換には切り取りと貼付けが必要で半自動溶接機、エアソー、スポットカッターやスポットドリルを必要とする重作業の上に窓ガラスや内張などの付属品の脱着も必要になるからです。

現物修理をすること以外に安くなる理由としてブロック塗装があります。

このアウディの場合、ディーラーさんではリヤドアをボカシ塗装します。修理していないリヤドアの塗装を徐々にシンナーでぼかしていくことで色をなじませる技術で広く使用されている塗装工法ですが、その分の費用が高くなります。

当店では修理パネルだけをブロック塗装します。調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍ほどかかる上に高い調色と塗装技術が必要になりますが、料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。

修理後の写真

調色もヘコミもきれいに仕上がりました。

f:id:pikapikanara:20200131050919j:plain

修理前の写真より白っぽく見えますが光の影響です。修理していない周囲のパネルと比較していただければ、色がしっかり合っているのがお分かりかと思います。

本来なら部品交換修理をするところですが、ご予算の都合で鈑金塗装修理をすることになりました。若干のゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

2. 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理内容は軽板金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このアウディA7 Sportsback 2.0のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで交換修理すると最低でも160,000円かかる修理でしたが、当社では90,000円で修理できました。
カーディーラーより約70,000円(43%ダウン)安くアウディのヘコミ・変形を修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

パッソ(ドア・リヤクォータ)ヘコミ・キズの修理料金比較と写真 初年度H30年、型式M700A

トヨタのパッソ(初年度H30年、型式M700A、カラーW24)のヘコミ・キズを修理しました。

トヨタディーラーでも鈑金修理、さらに30%安く高品質で修理しました

修理前の写真

パッソの右のリヤドアとリヤクォーターパネルがへこんでいます。特にクォーターパネルのヘコミは細かなプレスライン上にあり、パネルの鋼板がとても硬いことから引っ張り出しはとても困難です。

お客様曰く、トヨタさんで見積りはクォーターパネルも交換ではなく鈑金修理で金額も12万円と非常に安かったそうです。

我々の経験ではこのくらいの損傷内容で、カーディーラーさんが現物修理を提案されることは信じがたいところです。通常の鈑金作業では対応できないからです。

f:id:pikapikanara:20200225092223j:plain

塗装色は色番号がW24のパールホワイトⅢで、3コートパールです

f:id:pikapikanara:20200225095513j:plain

ほんの一部です。ほかにもたくさんあります。

ドアの鈑金作業は特に問題ありませんが、クォーターパネルは表側からの引っ張り出しではどんな機具を使ってもビクともしません。内側から叩いて出していきます。

そのためには構造が袋状になっていますので、内側のタイヤハウス部分をエアソーで切り裂いてスペースを作ります。

あとは下の写真にあるような鈑金ハンマー、タガネやアテガネを使用してていねいに叩き出していき、最終的に極力少ないパテで仕上げます。

引き出しや叩き出しの鈑金作業をしっかりやらずにパテのいわゆる厚盛りをすると経年劣化と強度に問題が出てしまいますので当店では一切やりません

また、このパッソのような3コートパール塗装は当店にお任せください、キレイな仕上がりには確かな技術が必要です。まず調色がむずかしく、そのうえ経験が浅いとカラーベースの色とともにマイカベース(光沢片)の膜厚によってもかなり違った感じに仕上がり、「色は合っているが塗装表面の光り方が違う」ことになったりしますので注意が必要です。

修理後の写真

仕上がりはご覧の通りです。お客様にはたいへん喜んでいただくことができました。

f:id:pikapikanara:20200225100359j:plain

鈑金塗装では新品状態に完全に戻すことは理屈上できませんが、新品に限りなく近い状態にすることは可能です。板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に以下の点に技術者の差が出ます。
1. 塗装部分の色は合っているか?
2. ヘコミ修理はきれいに整形されているか、修理方法に経年劣化の心配はないか?
3. ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか(チリ合わせ)?

もちろん今回のように本来なら部品交換修理をするところを鈑金修理した場合は上記2に限界があります。当店ではご提案のときにご説明をさせていただくよう心がけております。

当店は鈑金塗装工賃を一般のカーコンビニ倶楽部とほぼ同様に安く設定しておりますが、修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装でカーディーラーさんと同じです。お客様のご希望によっては例外的に軽板金塗装をする場合もありますが売上の90%以上は本格板金です。

このパッソのヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約120,000円かかる修理でしたが、当社では83,333円で修理できました。
カーディーラーより約36,600円(30%ダウン)安くパッソのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク