車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

BMW 320i M Sport(前後ドア・ステップ)ヘコミ・キズの修理料金比較と写真 初年度H29年、型式8A20

BMW 320i M Sport(初年度H29年、型式8A20)のヘコミ・ヘコミを修理しました。

BMWの大きなヘコミをディーラーよりも41%安く修理できました

修理前の写真

BMW 320i M Sportの左の前後ドアとサイドステップカバーに大きなヘコミとキズがあります。

前後ドアは交換修理です。サイドステップはカバーの修理でOKです。幸いカバーの内側のサイドシルは損傷がありません。

ディーラーさんでの見積もりが78万から80万円だったそうで当店のホームページをご覧になり来店していただきました。

f:id:pikapikanara:20200124091000j:plain

ディーラーさんではすべて交換修理、当社は両ドアは交換ですがステップカバーは板金修理をします。

結局、合計30万円近く安く修理できましたが、理由は第一に塗装とドアの分解・脱着工賃の違い、第二にドアに付属する部品の再利用点数、最後にステップカバーの修理方法です。

新品パネル(ドア)は未塗装のパネルのみが供給され裏表ともに塗装が必要です。

隣接パネルはぼかさないブロック塗装です。ソリッド系の塗料なので色合わせはまったく問題なくきれいに仕上がります。ディーラーさんでも同様の塗装方法です。

工賃の違いは明らかですが再利用する部品代の合計金額だけでも10万円近いでしょう。

古いドアに付属するすべての部品の脱着が必要で内張、窓ガラス、窓ガラスを開閉するモーター、ドアノブ、ヒンジ、ドアブレーキ等々そのほか多数あります。リアドアには羽目殺しの三角窓がありますがこれは当店でも再利用できません。

ディーラーさんでは取り外した部品の半数以上を新品に交換されます。

ちなみに当店でドア関連で必要になったものは両ドアパネル、前後ドアシーリング(国産車ではウェザストリップといいます)、リアドアの三角窓とドアブレーキと前後スクリュー1個づづのみで部品代合計は税別295,020円です。

修理後の写真

色合せ、塗装肌、光沢、質感などすべて忠実にキレイに再現できています。

f:id:pikapikanara:20200124091007j:plain

当店ではイタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

このBMW 320i M Sportのキズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約780,000円かかる修理でしたが、当社では454,545円で修理できました。
カーディーラーより約325,000円(41%ダウン)安くBMW 320iのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

デミオ(ドア・リヤフェンダー・リヤバンパー)ヘコミ・キズの修理料金比較と写真 初年度H29年、型式DJ3FS

マツダのデミオ(初年度H29年、型式DJ3FS、カラー45B)のヘコミ・キズを修理しました。

ドアなどの交換をしないで半額でしかも高品質で板金塗装修理した事例

修理前の写真

デミオの左のリヤドアとリヤフェンダーパネルがともに広い範囲にわたってかなりへこんでいます。写真にはありませんがリヤバンパーにも手のひらサイズの傷ヘコミがあります。

お客様のご希望ですべて板金塗装をすることになりました。

カーディーラーさんならバンパーは希望すれば板金修理を受けてくれるでしょうが、ドアとフェンダーは必ず交換修理になります。

f:id:pikapikanara:20200113090855j:plain

損傷程度にもよりますが、新品交換に比べて現物を板金塗装修理することで最も安くなるのは概してリヤフェンダーパネルです。交換には切り取りと貼付けが必要で半自動溶接機、エアソー、スポットカッターやスポットドリルを必要とする重作業の上にこのデミオの場合にはリヤシート、窓ガラスや内張などの付属品の脱着も必要になるからです。

だからと言って板金修理を選択すればかならず安くなるというわけではありません。
損傷があまりにもひどいと板金作業に時間がかかって作業工賃が高くなりすぎるとメリットはなくなってしまいます。

一般的に新品交換修理の6割の料金で板金塗装修理ができるかどうかが判断の境目になります。つまり技術力が高く作業の早い修理工場ほど困難な板金作業を引き受けることが出来る傾向があります

安く修理できる理由のひとつは塗装方法が隣接パネルはぼかさないブロック塗装で行うことです。すべての車種でブロック塗装が可能なわけではありませんが約7-8割はそうです。

ブロック塗装はとなりのパネルをボカシ塗装することなく修理パネルだけの塗装で色をビシッと合わせます。そのため高い調色と塗装技術が必要になります。料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍ほどかかりますがお客様にはメリットしかありません。

それに比較してボカシ塗装とは修理箇所から周囲の色に徐々にシンナーで塗料をぼかすことで色をなじませて合わせる技術で広く使用されている塗装工法ですが、修理していないとなりのパネルまでぼかしていく必要があるために費用が高くなります。

修理後の写真

板金塗装というものは常識的に新品状態に完全に戻すことは無理ですが、新品に近い状態にすることは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 塗装部分の色は合っているか
2. ヘコみの修理はきれいに整形されているか
3. ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか。

もちろん今回のように本来なら部品交換修理をするところを板金修理した場合は上記の2番の点で限界があります。当店ではご提案のときにご説明をさせていただくよう心がけております。

今回も若干のゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

f:id:pikapikanara:20200113090942j:plain
当店ではイタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

このデミオのヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーでバンパーは現物修理をし他は交換修理をすると約253,600円かかる修理でしたが、当社では127,272円で修理できました。
カーディーラーより約126,000円(49%ダウン)安くデミオのを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

VOLVO XC40 T5(フロントフェンダー・ドア)ヘコミ・キズの修理料金比較と写真 初年度R1年、型式XB420XC

VOLVO XC40(初年度R1年、型式XB420XC)のヘコミ・キズを修理しました。

驚くほど高額な外車ディーラーの板金塗装修理の見積もり

修理前の写真

VOLVO XC40の左のフロントフェンダーとドアの広範囲にヘコミとキズがあります。写真ではわかりずらいですがともにかなりヒズミがあります。

カーディーラーさんでの見積もりは口頭で約60万円!とのこと。

確かに2パネル共に交換修理になるのは一般的には常道ですし、フェンダーパネル交換にはフロントバンパーの脱着が必要です。また色合わせのためにリアドアとフロントバンパーのボカシ塗装をする修理業者は半数以上いるでしょう。それにしても高いと思われます。

ご相談の結果、ともに板金修理で両方のパネルに張り付いているキズ防止のモールディングはキズが残ってもいいのでポリッシャーで磨いて再使用することになりました。これだけで13,640円安くなります。

f:id:pikapikanara:20200111094543j:plain

ドアを新品交換する場合な未塗装のパネルが送られてきて下処理後に塗装を行います。もちろん付属部品はすべて取り外しておいて、塗装後に取り付けなければなりません。外車ディーラーさんの場合、この脱着・再使用の際にかなりの部品を新品交換するのだろうと予想されます。

外車ディーラーさんの1時間当たりの板金、塗装とほかの作業工賃設定が当店の2.5から3倍として、さらにドアとフェンダーパネルを新品交換するとしても当社の計算では約40万円にしかならないからです。

当店での板金作業ですが、パテの量を最小限にするためにもスタッド溶接機を使って丁寧にヘコミを引き出していきます。その後、手作業による板金工程ででさらに慎重に形を整えた後にパテ埋め作業ですがこのヴィッツのケースでパテは、中間パテそしてポリパテで順番に盛って行き最後に塗装前のサーフェサーを吹き付けます。中間前のファイバーパテを使用すると作業は早くなりますが完成後のトラブルの原因になりますので、当店ではその代わりに引き出し作業をぎりぎりまで行います。

上記の作業内容により時間はかかりますが仕上がりが格段にきれいに仕上がります。

板金作業の内、パテ付けの工程はひとつのステップごとに丁寧に削りこみと整形作業が必要です。また、イメージしていただければお分かりかと思いますがステップごとに施工面積は広がっていきますので、最終的に塗装を含めた施工面積はこのボルボの場合は両パネルともにほぼ全面になります。

また、調色の難しい3コート塗装が採用されていますがブロック塗装工法です。

ブロック塗装はどこの修理業者でも出来るわけではありません。妥協のないこだわった調色と塗装技術があってはじめて可能になりす。

ボカシ塗装は修理箇所から周囲の色に徐々にシンナーで塗料をぼかすことで色をなじませて合わせる技術で広く使用されている塗装工法ですが、修理していないとなりのパネルまでぼかしていく必要があるために費用が高くなります。

ブロック塗装はとなりのパネルをボカシ塗装することなく修理パネルだけの塗装で色をビシッと合わせます。そのため高い調色と塗装技術が必要になります。料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍ほどかかりますがお客様にはメリットしかありません。

修理後の写真

色合せ、塗装肌、光沢、質感が忠実に再現されています。

f:id:pikapikanara:20200111094636j:plain

ゆがみが残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

当社の安くて高品質な板金塗装修理については下記をご覧ください。

1. イタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配がないこと。当店並みの価格帯で本格塗装ブース完備のお店は知る限り県内にはありません。

2. 塗料、サーフェサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このVOLVO XC40のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると安く見積もっても400,000円かかる修理でしたが、当社では136,000円で修理できました。
カーディーラーより約260,000円(66%ダウン)安くVOLVO XC40のヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

デミオ(バックドア・エンドパネル・リアバンパー)ヘコミ・変形の修理料金比較と写真 初年度H25年、型式DEJF3

マツダのデミオ スカイアクティブ(初年度H25年、型式DEJF3、カラーA4D)のヘコミ・変形を修理しました。

修理前の写真

デミオのバックドアがほぼ上から下までのヘコミがあり、リアバンパーは割れて変形しています(1枚目の写真)。バックドアを開いた2枚目の写真で分かるように内側がかなり強く変形しています。

後方から強く当たったために写真にはありませんがリヤエンドパネルというリヤバンパーを取り付けてある車体最後方部の骨格部分が前に押されて歪んでしまっています

通常ならすべて交換修理になります。

お客様とご相談の上でバックドアとエンドパネルは歪みが残る可能性をご了解いただき板金修理をしリアバンパーは塗装済みの新品部品が39,090円と割安なため交換することになりました。

f:id:pikapikanara:20200110093258j:plain

バックドアを開けて下から見た写真です。複数のプレスラインがプレスラインがつぶれているのがわかります。

f:id:pikapikanara:20200110093308j:plain

この程度の変形あるバックドアの板金修理を引き受けてくれるところはカーディーラーはもちろん一般の修理工場でもめったにありません。工場の回転率が落ち、採算が悪いためです。

バンパーは車種によって大きく価格が異なりますので単純に比較は出来ませんが、リアバンパーはフロントに比べての部品代がかなり安い場合が多いので現物修理のメリットはさほど大きくありません。デミオは正にそのケースです。

リアエンドパネルは車両を3点固定をしたうえで写真にある修正機を使って引っ張り出します。

f:id:pikapikanara:20200110095941j:plain

また、バックドアを新品交換するとなると未塗装のパネルのみが送られてきて下処理後に塗装を行います。付属部品はすべて取り外しておいて、塗装後に取り付けなければなりません。多くの作業・時間が必要になりますので現物修理をすると料金の差額をその分大きくなるのです。

バックドアに張り付けてあるネームオーナメントやマスコットは再使用できませんので交換しています。下記の料金に含んでいます。

修理後の写真

色合わせはもちろんのこと、バックドアの変形がほぼ歪みなく修理することができました。仕上がりは非常に良好でお客様は大満足です。

f:id:pikapikanara:20200110093340j:plain

押しつぶされていた部分がプレスラインにもかかわらずこんなにキレイになりました。

f:id:pikapikanara:20200110093352j:plain

このデミオのヘコミ・変形修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると最低210,000円はかかる修理でしたが、当社では130,909円で修理できました。
カーディーラーより79,000円(37%ダウン)以上安くデミオのヘコミ・変形を修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

BMW X1 xDrive20i(リヤバンパー)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H30年、型式HS20

BMW X1 xDrive20i(初年度H30年、型式HS20)のキズ・ヘコミを修理しました。

修理前の写真

BMW X1のリヤバンパーの右コーナーにタテ2本のキズ・ヘコミがあります。ディーラーさんでは交換で約12万円の見積だったそうです。

当社は損傷がこれくらいならお客様が目で見てほぼ判らない程度の微妙な歪みが残る可能性をご了承いただいたうえで、新品交換ではなく板金塗装修理をご提案します。

このBMWのほか、外車や国産高級車のケースでは部品代が高く半額以下になるケースが多く、ほとんどのお客様は現物修理を選択されます。もちろん新品交換の場合でも純正部品を正規ルートで取り寄せ、ディーラーさんよりも安く仕上げます。

f:id:pikapikanara:20200109091937j:plain

塗装色はBMWの比較的新しい新色で、調色がやや困難でしたがきれいに合わせることができました。調色は車ごとに設定されているカラー番号というものがあり、そのデータによって数種類の色の塗料を規定の質量づつ混ぜ合わせます。これでほぼ新車時の色の塗料が出来上がりますが、生産ラインや異なります。そこから微妙に色を調整していく作業が調色の本番です。外車の場合は特に注意が必要です。

修理後の写真

修理範囲はバンパーの約3分の1です。色合わせは完璧といっていい仕上がりです。若干のゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど判らないレベルに仕上がっています。

f:id:pikapikanara:20200109092042j:plain

当社の安くて高品質な板金塗装修理については下記をご覧ください。

1. イタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配がないこと。当店並みの価格帯で本格塗装ブース完備のお店は知る限り県内にはありません。

2. 塗料、サーフェサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

3. 修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このBMW X1のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーさんで交換修理すると最低120,000円はかかる修理でしたが、当社では35,000円で修理できました。

カーディーラーより約85,000円(70%ダウン)安くBMW X1のキズ・ヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

フィット(フロントバンパー)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H29年、型式GK3

ホンダのフィット(初年度H29年、型式GK3、カラーB610M)のキズ・ヘコミを修理しました。

フィットのフロントバンパーのヘコミを高品質で1日で板金修理した事例

修理前の写真

フィットのフロントバンパーの左コーナーに手のひら3つ分よりも大きな範囲にキズとヘコミがあり損傷部位全体が歪んでいます。

本来交換修理ですが、お客様のご希望が当日仕上げのため部品を取り寄せていては間に合わないので、現物を急いで修理することになりました

f:id:pikapikanara:20191226105445j:plain

バンパーの左コーナーの損傷部分全体に歪があります。

最近ガソリンスタンドで見かける「ワンタッチ・・・・円!」などのキャッチフレーズの簡易方法の軽板金塗装と比較しても割安です。なにより仕上がりが違います。

特に色合わせに違いが出ます。調色は車ごとに設定されているカラー番号というものがあり、そのデータによって数種類の色の塗料を規定の質量混ぜ合わせます。これでほぼ新車時の塗料が出来上がりますが、生産ラインや使用年数から起きる劣化、また保管状況などにより実際の車の色合いは大きく違います。そこから微妙に色を調整していく作業が調色の本番です。

その違いに合わせるために、基本色から微妙に調色を行う作業が本来の「色合わせ=調色」でこれにけっこうな時間がかかり、技術と熟練度合いの差が出てくるのです。

当店ではイタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

修理後の写真

光沢、色合わせともきれいに仕上がっています。

また若干のゆがみが残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

f:id:pikapikanara:20191226105612j:plain

バンパーのひずみもキレイに取れました。

当社の板金塗装作業では塗料と下地剤であるサーフェサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。

当店は板金塗装工賃を一般のカーコンビニ倶楽部とほぼ同様に安く設定しておりますが、修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装でカーディーラーさんと同じです。お客様のご希望によっては例外的に軽板金塗装をする場合もありますが売上の90%以上は本格板金です。

少子高齢化が進行している国内の車産業の中にあって板金塗装修理業はまだまだ生産性の高い分野で値下げ余地が十分だと判断、約5年前に進出しディーラーさんと同等の修理内容を安く高品質で提供しております。実際、県内の3社のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

このフィットのヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると最短でも2~4日、約48,300円かかる修理でしたが、当社では当日仕上げ、35,000円で修理できました。
カーディーラーより約13,300円(27%ダウン)安く、さらに数日短い日数でフィットのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

パッソ(ドア・リヤクォーター)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H28年、型式M700A

トヨタのパッソ(初年度H28年、型式M700A、カラーG58)のキズ・ヘコミを修理しました。

トヨタ車の板金を無駄を省いて安く板金修理した事例

修理前の写真

パッソの左のリヤドアとリヤクォーターパネルにキズとヘコミがあります。

すべて板金修理をします。ディーラーさんでもこれくらいなら板金修理でしょう。

「なるべく安くしたい」というお客様のご要望に応えるために、以下の修理内容をご提案しました。下記の1と2の内容で8,000円前後節約できます。

1.リヤバンパーを外さないこと。本来バンパーがリヤフェンダーパネルに重なっている部分をきれいに仕上げるために必要な工程ですが外見上は問題ありません。

2.ウェザストリップ、サービスホールカバーやクリップ類をなるべく再利用すること。このパッソはリヤドアパネルの板金塗装修理の際にドアのアウターハンドルを外すためには内張を取り外さなければなりません。その際、脱着が必要な部品のほとんどをディーラー修理の場合は交換しますがそれらを再利用することで部品代を節約できます。
f:id:pikapikanara:20191220091114j:plain

最近ガソリンスタンドで見かける「ワンタッチ・・・・円!」などのキャッチフレーズの簡易板金塗装と比較しても割安です。なにより仕上がりが違います。

また、そのような修理業者さんの料金体系はヘコミがある場合は2倍になりますのでこのパッソのように両方の外板パネルがへこんでいる場合は当社とほぼ同価格になります。

調色は車ごとに設定されているカラー番号というものがあり、そのデータによって数種類の色の塗料を規定の質量混ぜ合わせます。これでほぼ新車時の塗料が出来上がりますが、生産ラインや使用年数から起きる劣化、また保管状況などにより実際の車の色合いは大きく違います。そこから微妙に色を調整していく作業が調色の本番です。

その違いに合わせるために、基本色から微妙に調色を行う作業が本来の「色合わせ=調色」でこれにけっこうな時間がかかり、技術と熟練度合いの差が出てくるのです。

修理後の写真

色合せ、塗装肌や光沢もきれいに仕上がりました。

f:id:pikapikanara:20191220091142j:plain
当店ではイタリア製ナンバー1メーカーであるSAICO製塗装ブースを使用していますので空気中の異物や水分もクリーンに保たれておりそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

このパッソのキズ・ヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約109,000円かかる修理でしたが、当社では70,000円で修理できました。
カーディーラーより約39,000円(35%ダウン)安くパッソのキズ・ヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク