車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

ウィッシュ10系(ドア・ロッカーアウターパネル・クォーター)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H19年、型式NZE10

トヨタのウィッシュ10系(初年度H19年、型式NZE10、カラー8S6)のキズ・ヘコミを中古部品を使用して修理しました。

損傷と修理内容の詳細

ウイッシュの左のリヤドア、ロッカーアウターパネルとリヤクォーターパネルが凸凹にひどく損傷しています。 

カーディーラーさんならすべて交換です。無理を依頼すれば、クォーターパネルだけは板金修理を受けてくれるかもしれません。それ以外は交換になります。

ちなみにそれぞれの部品代はパネルのみで61,500円、25,500円と60,200円の合計147,200円です。脱着、付属部品の取り外し、ドア以外はガス溶接での切り取りおよび取付接合作業とパネルの裏表の塗装が必要です。

お客様のご希望をお伺いした上で、ドアは中古部品を探して手直しし、そのほかは微妙なゆがみをご了承いただく前提で板金修理で直すことになりました。

当店は安いだけの軽補修はしません。パテの使用量を最低限にするために、ていねいにへこんだ部分を高い板金技術で可能な限り修復します。そうすることで歪みや、経年での変形や劣化を無くします。

リアのクォーターパネルはガス溶接で切取り、新品部品を溶接で接合する作業工賃が高額になるばかりか、骨格部位の交換修理のため修復暦ありの事故車となってしまいますので、当店では部品交換をしないで、時間はかかりますが板金修理をおすすめします。時間と高い技術をかけて板金塗装修理を行いますので、かなりお安く修理できます。 

修理前の写真

f:id:pikapikanara:20171124102154j:plain

 修理後の写真は撮り忘れました 

ドア以外のロッカーアウターパネルとリヤクォーターパネルは本来なら部品交換修理をするところですが、ご希望により板金塗装修理をすることになりました。若干のゆがみが残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

このウィッシュのキズ・ヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理するとクォーターパネルの板金修理を引き受けてもらえても合計で約262,000円かかる修理でしたが、当社では131,000円で修理できました。
カーディーラーより約131,000円(50%ダウン)安くウィッシュのキズ・ヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。
奈良で評判の自動車修理工場はこちら
奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク