車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

クラウン アスリートハイブリッドS(ドア・バンパー・ボンネット)再塗装・修理料金比較と写真

トヨタのクラウン アスリートハイブリッドS(初年度H26年、型式AWS210、カラー202)のキズ・ヘコミを修理しました。

クラウン アスリートハイブリッドSのリアドアに幅が約70cmヘコミとキズがあります。板金塗装修理で安く仕上げます。

カーディーラーさんなら交換でしょう。

他にも写真は見えにくいので割愛しましたがお客様がご自身で市販のスプレー缶で下手に塗ってしまったフロントバンパーとボンネットの再塗装をご希望です。幸いにもキズやヘコミがありませんので板金作業は必要ありません。サーフェサー塗装や足付けの下地処理をしてから塗装をします。

当店ではイタリア製ナンバー1の塗装ブースメーカーであるSAICO製ブースを使用しています。空調は完璧で空気中の異物や水分もクリーンに保たれているためそれらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

当店では塗料やその下地剤であるサーフェサーはもちろんのこと、外車や日産・トヨタの一部の高級車に採用されている耐スリキズ性能や耐紫外線レベルがトップクラスのクリアーを標準で使用していますので安心かつお得です。

修理前の写真

f:id:pikapikanara:20170310095119j:plain

板金塗装の出来上がりの注意点

上手に仕上がっている板金塗装は、何年乗り続けていても修理箇所に違和感がありません。新品同様は無理ですが、新品に近い状態にするのは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。

以下が仕上がりのポイントです。一般の方には一目見ただけでは判りにくいのですが参考にして下さい。
・修正の色は合っているか、光の反射の仕方がとなりのパネルと同じか。
・へこみの修理は行われているか
・修理箇所の表面にペーパー等での研磨跡がなく、塗装の肌がきれいに形成されているか
・ドアの開け閉めなどをしても違和感はないか

修理後の写真

f:id:pikapikanara:20170310095925j:plain

クラウン アスリートハイブリッドSの再塗装・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約220,000円かかる修理でしたが、当社では110,000円で修理できました。
カーディーラーより約110,000円(50%ダウン)安くラウン アスリートハイブリッドS車名のキズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。
奈良で評判の自動車修理工場はこちら
奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク