車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

ハスラー(前後ドア)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H26年、型式MR31S

スズキのハスラー(初年度H26年、型式MR31S)のキズ・ヘコミを修理しました。

ハスラーのドアの広範囲のヘコミを板金で半額以下で修理した事例

ハスラーの左のフロントドアとリヤのスライドドアの両方にそれぞれほぼ一面全体にヘコミがあります

修理前の写真

f:id:pikapikanara:20180705090915j:plain

カーディーラーさんでは前後ドアの両方を交換修理で17万円以上の見積もりだったそうです。

当店でも最初は交換修理をおすすめしましたがお客様は少々歪みが残っても構わないので安く修理をしてほしいというご希望でしたので、交換をしないで板金塗装修理で対応させていただきました。

ドアの新品交換は未塗装のパネルのみが送られてきて表裏を下処理後に塗装を行います。付属部品はすべて取り外しておいて、塗装後に取り付けなければなりません。非常に多くの作業が必要になり修理費用が非常に高額になってしまいます。

ヘコミの面積がこれほどまでに大きいと板金の叩いたり、引っ張り出しの作業工程で水面の波紋のようにひずみ・ゆがみが広がってしまいます。それを解消する「絞り」という工程にも限界があり、微妙にゆがみが残ってしまいます。

パテの量を最小限するためにもスタッド溶接機を使って丁寧にヘコミを引き出していきます。その後、手作業による板金工程ででさらに慎重に形を整えた後にパテ埋め作業です。

パテは、中間パテそしてポリパテを順番に盛って行き最後に塗装前のサーフェサーを吹き付けます。中間前のファイバーパテを使用すると作業は早くなりますが完成後のトラブルの原因になりますので、当店ではその代わりに引き出し作業をぎりぎりまで行います。

ひとつのパテ工程ごとに丁寧に削りこみと整形作業が必要です。各パテ工程毎に施工面積は広がっていきますので、最終的に塗装を含めた施工面積はこの車の場合パネル全面になりす。

修理後の写真

ほぼ全面に薄くではありますがパテを使用しなければなりませんでしたが、歪みは受注時にお客様に説明させていただいた範囲内に十分に抑えることができました。色合わせは問題ありません。

両ドアの下にある黒色のサイドステップのヘコミは今回は修理を依頼されませんでした。f:id:pikapikanara:20180705090940j:plain

このハスラーのヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーで交換修理すると170,000円以上かかる修理でしたが、当社では74,074円で修理できました。代車なしで納期は当社まかせの特別価格です。
カーディーラーより約96,000円(56%ダウン)安くハスラーのヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

f:id:pikapikanara:20180606194924j:plain

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク