車のキズ・ヘコミ修理例 料金比較と写真

車のキズ・ヘコミ修理金額と写真で紹介、カーディーラーさんとの価格比較もご覧になれます。

ノート(ドア・サイドシル)キズ・ヘコミの修理料金比較と写真 初年度H24年、型式E11

日産のノート(初年度H24年、型式E11)のキズ・ヘコミを修理しました。

サイドシルほかの損傷を交換なしで安く修理した詳細

ノートの右のフロントドアの最下部にヘコミ・折れと右のサイドシルに大きなヘコミ・キズがあります。 

カーディーラーさんならサイドシルは交換です。ドアも交換をお勧めされるでしょう。 

お客様のご希望ですべて交換無しで板金塗装修理をします。当店は安いだけの軽補修はしません。パテの使用量を最低限にするために、ていねいにへこんだ部分を高い板金技術で可能な限り修復します。そうすることで歪みや、経年での変形や劣化を無くします。

ボデーサイドシルの交換はガス溶接で切取り、新品を溶接で接合する作業工賃が高額になるばかりか、骨格部位の交換修理のため修復暦ありの事故車となってしまいます。 

修理前の写真

f:id:pikapikanara:20170516172819j:plain

修理後の写真

f:id:pikapikanara:20170524163950j:plain

板金塗装の仕上がりは新品と同一は無理ですが、新品に近い状態にするのは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 修正の色は合っているか
2. ヘコみの修理はきれいになっているか
3. 修理箇所の表面の塗装肌がきれいに形成されているか
4. ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか。

もちろん今回のように本来なら部品交換修理をするところを板金修理した場合は上記のポイントにも限界があります。当店ではご提案のときにご説明をさせていただくよう心がけております。

このノートのキズ・ヘコミ修理料金(税別)について

カーディーラーでサイドシルは交換しドアは板金修理するとしても約145,000円かかる修理でしたが、当社では90,000円で修理できました。
カーディーラーより約55,000円(38%ダウン)安くノートのキズ・ヘコミを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。
奈良で評判の自動車修理工場はこちら
奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

スポンサーリンク